der Blaue Reiter

Gallery silencio支配人ブログ。個人ブログも兼ねているため、立ち位置のよくわからないブログとなる予定

空より高く、海より深く

お世話になっている女性役員さんから頂いた名刺にそう記してありました。

 

志ともとれるし、他人に対しての思いやりともとれます。

どちらにせよ、彼女の生きざまが言葉となって表れているようで、素敵な名刺やなぁと感心した覚えがあります。

 

 

 

アメリカの大統領がオバマさんだった頃、天皇陛下の前で膝まずきお辞儀をしている写真が賛否両論呼んだ事がありましたね。

 

その姿勢と気持ちを絶賛する声が多い中、一部のアメリカ人は面白くなかったようです。

まぁ、文化の違いと言えばそれまでなんでしょうが。

 

 

話は変わって、ギャラリーが入ってる建物の大家さんにお中元を届けにいきました。

「いいところを使わせて頂いてます、ほんとうにありがとうございます」とお辞儀しました。

 

大家さんは、それはこっちのセリフと言いながら、あんた相変わらずおじぎ深いな感心するわ~と言ってきたんだけど。

 

気にもしてなかった事を言われたのでビックリしましたが、そう言われると深いです確かに笑

 

ギャラリーに戻って鏡の前で普段通りのおじぎをしてみたら90度でした。

頭はさらにより深く、目の前は膝でした。

ヅラだったら落ちてるとこですね♪

ホントは前屈な勢いでいきたいですが、それ以上は腰が曲がらんw

 

 

何でこんな事になったのかハッキリと覚えてないんですが、お辞儀したときに中途半端ではないストレートな気持ちを伝えるにはどうしたらいいかという事を考えていた時期があり、他人より深くお辞儀しようと決めたのがキッカケだったと思います。確か。

 

以来、お客様の前だったりお辞儀をする場面では自然と深いお辞儀をしている気がします。

 

形式的なお辞儀の仕方ではアウトなのかもしれません。お辞儀の種類を使い分けるほど器用でもないし人間できてないし。

まぁ、もし仮にそうだとしても、感謝の気持ちを伝えるために世のルールから外れ、他人より深く頭を下げる事に何の躊躇も迷いも無いですね。

 

他人(ひと)より深く、こころも深く

 

 

あの時は、感謝の気持ちでは無かったかもしれません。でも、オバマさんのお辞儀からは他のどの言葉からよりも心が伝わってきました。

 

 

俺もあんな男になりてぇわ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

 

 

 

 

ではまた。