der Blaue Reiter

Gallery silencio支配人ブログ。個人ブログも兼ねているため、立ち位置のよくわからないブログとなる予定

Feuewear ヒップバッグ「Otis」

こんにちは。

今回のご紹介は2018年新作のヒップバッグOtis(オーティス)です。

 

f:id:gallery-silencio:20180624004107j:plain
【Feuerwear Otis】 

 

 

 

公式サイズ表記

■外寸:高さ13.5cm 、幅27.5cm 、マチ巾7cm

■内寸 : 高さ12cm 、幅25.5cm 、マチ巾6cm

■重さ: 260g

■ベルトの長さ: 90cm〜135cm

■ボリューム: 1L

 

 

 

 

デザインとサイズ感

僕の話で恐縮なんですが、たまにカバンを持たずに出かけたい時があるんです。

 

財布、鍵、スマートフォン、タバコ、携帯灰皿、ジッポー

 

これだけ持って行けば十分!って時。

 

 

ですが、ポケットにモノを詰め込むのは洋服のシルエットが崩れ全体のバランス具合が良く無いので、しょうがなくカバンを持つのですが。

 

 

 

今回、新作であるオーティスをオーダーしました。自分用でも欲しいなぁって笑

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004118j:plain

上部から見たオーティス

 

薄くね? 汗

なんだこのカマボコみたいな形は。

最初に見たとき、正直そう思いました。

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004129j:plain

底マチ

底に至っては、ぺったんこです。マチ巾ゼロ笑

なんだコレ、ヤル気あんのかと。

オーティスの動画を観ても、その自由さをアピールしてるのは分かりますが、

街中であんなに飛び跳ねてる奴なんていねーぞって笑

 

そんな感じで、フォイヤーウェアの作品では初めて否定から入ったしまった僕ですが、着用してみたらその見方が一気に変わりました。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624003927j:plain

モデル身長173センチ

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624003854j:plain

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624003918j:plain

 

 

 

いかがでしょう。

オーティスを身に付けたほうがアクセントになって、よりスマートなスタイリングになる感じさえ受けます。

 

腰巻きしている画像は、単純に巻くのではなくデニムのベルトループに

オーティスのベルトを通す事でバッグを斜めにして動きを出しています。

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624003945j:plain

こちらは単純に腰巻きしています。

 

 

どちらにせよ、このスマートさならスタイリングの邪魔になりません。

 

そして、そのスマートさを演出しているのが、薄さと作品自体がカーブし更に傾斜している部分だと思います。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004111j:plain

背面

少しカーブを描いているのがお分かりかと思います。

底マチだともっと分かりやすいです。

 

f:id:gallery-silencio:20180624004115j:plain

カーブを描く底マチ

画像では真ん中の作品だけ底マチを広げてあります。

底マチを広げない限り下部に向かって作品自体が傾斜しています。

このカーブと傾斜が身体のラインにフィットし、スタイリッシュなシルエットを生み出すのです。

 


入れるのはあくまでも、最低限の持ち物だけ。

オーティスの魅力は、スマートなミニマムさにあります。

 

 

 

◾外形と機能

f:id:gallery-silencio:20180624004107j:plain

必要最低限のモノしか入れないカバンという事を目的としてるので、他ブランドのヒップバックのように外部ポケットを付けたり、二段にしたりということがありません。至ってシンプル。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004133j:plain

ベルト付け根部分。

ベルトは勿論、「なんらかの理由で使われなかったドイツ車のシートベルト」を使用しています。小判アジャスターにてベルトの長さを調整できます。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004137j:plain

ベルトはワンタッチバックルにて脱着可能。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004129j:plain

マチ巾ゼロの状態。前記したように、作品自体が傾斜しているのでこの状態でも物入れれます。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004125j:plain

 最大マチ巾。6センチ〜7センチくらいまで広がります。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004122j:plain

コンパートメント。

背面側に内部仕切りが縫い付けられているので、メインは右側の空間になります。

レッドとホワイトの作品のコンパートメント表面はホース裏側のゴムとなります。

画像の作品内部は「ざらついたブラック」となります。

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004140j:plain

ブラックの作品のみ、コンパートメント表面が白ホースとなります。

 

 

 

 

f:id:gallery-silencio:20180624004048j:plain

スマホケースを入れる場面

 

 

 

ワンショルダーバッグとして

f:id:gallery-silencio:20180624004027j:plain

 

 

 

ショルダーバッグとして

f:id:gallery-silencio:20180624003918j:plain

 

 

 

ヒップバッグとして

f:id:gallery-silencio:20180624004008j:plain

 



 

街中は勿論、ライブや夏フェス、アウトドア、その他様々な場面で、オーティスは皆さまをサポートをしてくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、クラッチバッグ『Louis』をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

ではまた。