der Blaue Reiter

Gallery silencio支配人ブログ。個人ブログも兼ねているため、立ち位置のよくわからないブログとなる予定

愛が足らない

こんにちは。


1月、2月の北陸地方は大雪で大変だったのですが。

その時に、従業員がいつまでたっても
帰ってこない時がありまして。

物件は既に離れてるはずなのに、
電話しても繋がらない。

心配じゃないですか。
だから、ポチ犬みたいにボケーっと待ってたんだけど、深夜になりつつある時に帰ってきて。

遅くなった理由を聞くと、タイヤが滑って車が動かなくなっていたと。

でも彼の車は四駆なんですね。
四駆でハマるなんてそうそうないわけで。

更に尋問を続けると、いつからか四駆への切り替えができなくなってたらしくて、おまけに雪の凸凹のせいでフロントガラスにヒビが入ってしまったと。


僕は、道具や機械、いわゆるモノを大事に扱わない奴は嫌いです。
自分の手足指先となる「モノ」を大事にするのは、職人なら当たり前だと思います。
愛情持てとまでは言わないけど、モノをモノとして扱うからいざというときに動かなくなる、使えなくなる。

今回の場合、車を自分の足として常日頃扱ってないからそうなる。
車の異変を見て見ぬふりをしてるんですよね。


これは持論ですが、そういう連中は家族や恋人ですら大事にできないと思います。


という話をしたのですが、通じたのかなぁ。
僕の車なんて、彼の車より長い5年で10万キロ走ってますが、壊れたことなんてただの一度もないんだけど。



なんでこんなめんどくさい話をわざわざブログに書いたかというと、修理代として19万の請求書が届いたからです。
半年前にも器物破損で数万円の請求書が来てた。

この怒り、何処にぶつけたろか笑



KUAD TV 「デザインとは愛だ」  部長 上田篤先生


最愛のカリスマ。
カリスマへの愛は、またいつかどこかで語るとして。


「モノやコトの向こう側にいる人への思いやり」

それを届けるにはその手前を大事にしなければ、届けることはできませんよ、ということです。



なんか説教臭くなってしまいました。
やだやだ


ではまた。